はちみつが万能薬だった件【最強】

スポンサーリンク
美容

最近、体調が悪い・・・

今回は現代の万能薬・・・・
はちみつを紹介します!!!
はちみつが万能薬と考えられるわけと、どんな効果があるのかを以下で紹介していきます~
スポンサーリンク

はちみつが持つ7つの効果

はちみつが持つ7つの効果を説明していきます。

はちみつが持つ「美肌効果」

はちみつには、「ビタミン」「ミネラル」「ポリフェノール」などの成分が含まれています。
これは美容効果に重要な成分です

「ポリフェノール」は抗酸化作用があり、動脈硬化などを防ぎ、活性酸素を除去するため、
病気に対抗します(アンチエイジングにもかなり効果があるだとか・・・。)。

・ビタミン・ミネラルについてはここから!
・ポリフェノールについてはここから!

はちみつが持つ「疲労回復効果」

はちみつに含まれる「果糖」は、素早く吸収されてエネルギーに変換されます(ブドウ糖より時間は掛かる。)。
また、はちみつに含まれる「ブドウ糖」も、『エネルギーとして素早く代謝される働き』+『脳のエネルギー源』になるという特徴があります。

単糖類(ブドウ糖、ガラクトース、果糖)はとても甘みが強く、疲れた後にはちみつを食べることで、疲労回復するといわれています。
さらに、はちみつに含まれる「ルテイン」は眼の疲労回復によいと言われています。

昨今、ブルーベリーが眼によいと知られていますが、ブルーベリーに含まれる「ルテイン」が眼にいいだけなんです・・・。

したがって、はちみつにもこの「ルテイン」が含まれているので、眼の疲労に効果が期待できますね。

・単糖類(ブドウ糖、ガラクトース、果糖)についてはこちらから!

https://www.yslife-b.com/archives/1673

・ルテインについてはこちらから!

はちみつが持つ「虫歯・歯槽膿漏抑制効果」

はちみつでうがいしても口内環境を調整することが出来ます。

また、歯磨き粉代わりにして、使用するのも良いそうです。

殺菌作用により、虫歯+歯槽膿漏も予防し、口臭まで防いでくれるというのです。
マジで助かりますね・・・。

はちみつを使うと、虫歯になりそうですが、逆みたいです。

※使うのは加糖されていない「純粋はちみつ」に限ります(注意!)。
・純粋はちみつについてはこちらから!

神戸養蜂場

はちみつが持つ「むくみや高血圧の予防効果」

はちみつには様々な「ミネラル」が含まれています。
その中でも「カリウム」は、余分な水分を排出して、むくみを予防します。
さらに、高血圧も予防するのです(女性はありがたいですね。)。
「カリウム」は水分だけでなく、過剰な塩分も排出し、血圧を低下させる効果があるため、「自然の降圧薬」とも呼ばれているそう・・・
・ミネラル・カリウムについてはこちらから!

はちみつが持つ「胃腸調整効果」

「ポリフェノール」の抗酸化作用は、『血流』『肝機能』『胃炎』『十二指腸潰瘍』の改善に役立ちます。
(便秘や下痢をしている時に食べるといいでしょう。)
特にニュージーランドで採れるマヌカハニーは、強力な殺菌力で、胃潰瘍や胃がんの原因とされるピロリ菌を殺菌する効果もあるため、注目されています
・マヌカハニーについてはこちらから!
eマヌカ.COM

はちみつが持つ「咳止め効果」

咳止め効果があるということを、WHO(世界保健機構)も認めています。
アメリカの研究によると、咳止めの薬を飲ませるより、はちみつを飲んだほうが緩和されると証明されています。

はちみつをぬるま湯にとかしてうがいすると喉に効果的。
・美味しい飲み方、食べ方ついてはこちらから!
〇はちみつレモン

はちみつが持つ「安眠効果」

夜に眠れない大きな要因は、ストレスみたいです・・・。
そのストレスを緩和してくれる物質が、はちみつには備わっています!

それは、「セロトニン」という物質。
「セロトニン」を増やすと安眠することができますが、原料になるのは「トリプトファン」という「必須アミノ酸」。

この「必須アミノ酸」は牛乳に含まれており、眠りにつく前にホットミルクを飲むといいと言われるのはこのためなんです。
さらに、はちみつに含まれる『ブドウ糖』は、牛乳に含まれる『トリプトファン』の吸収を助ける働きがあります(ナルトとサスケみたいな感じっすね。←?)。

眠れない時には、ミルクにはちみつを入れて飲めば、ストレスが緩和されるってことですね(興奮をしずめてくれる効果もあるそう・・・。)。
・セロトニンについてはこちらから!

https://www.human-sb.com/serotonin/

・トリプトファンについてはこちらから!

https://mezamashi.jp/fuminsho/tryptophan-01/

・必須アミノ酸を含んでいる食品についてはこちらから!気になる方はどうぞ!!(意外と多いです)

・ナルトについてはこちらから!

https://narutimet.com/uzumakinaruto/

・サスケについてはこちらから!

(いらなかったか・・・笑)

はちみつのNGな使用方法4点

はちみつのNGな使用方法を教えていきます。

はちみつは「アレルギーに注意」

アレルギーにはバナナ、りんご、ももなどさまざまな種類があります。
はちみつにはこれらが混入することはないですが、
ミツバチが花の蜜を運んでくる際に、これらの花の蜜を一緒に運んでくるという可能性があるのです。
アレルギーがある人は、注意する必要があります。

はちみつの「食べすぎは禁物」

血糖値の高い人が食べると、身体に吸収されやすいため注意が必要になります。
たくさん食べてはカロリーオーバーになるので、注意です。

なお、白砂糖(384kcal)と比較すると、はちみつ(294kcal)のカロリーは低いらしいです。
ダイエット中の方は砂糖の代わりに使ったほうが良いですね!

はちみつの方が1.3倍も甘いらしいので良いことだらけです!

はちみつの「加熱しすぎに気をつける」

はちみつは45℃以上になると、成分が少しずつ消えていきます。
65℃以上になると、成分は効果を失います。
栄養の吸収が最もよいとされている純粋はちみつも、40℃以上にならないように加熱処理されています。
料理の時に使う際は、一番最後に入れるなどして使用したほうが良さげです。

はちみつを「1歳未満の乳児には食べさせてはいけない」

市販のはちみつには、少量ですが「ボツリヌス菌」によって汚染されていることがあります。
乳幼児が「ボツリヌス菌」を食べてしまったら、乳児ボツリヌス症という病気になってしまう可能性があります。
1歳未満の乳幼児は腸の働きが未発達なので、菌が増殖してしまうからです。
乳児ボツリヌス症を発症してしまうと、重篤な場合は死亡することがあるそうです・・・。
栄養があるからといって、小さな子どもには与えないようにしてください
(ダメ、絶対。)。←こういうキャッチコピーありましたよね笑。
・乳児ボツリヌス症についてはこちらから!

はちみつを「金属に触れさせてはいけない」

はちみつは、金属に触ると変質します。

金属以外のスプーンで食べるようにしましょう。

はちみつが万能薬だった件:まとめ

ほら、どうでしょう
万能薬でしょ?ちょっと誇張しすぎましたか?笑
日ごろから、はちみつを食べ続けたら健康体になれそうですね。栄養満点なので。
はちみつを購入できるサイトをピックアップしてみました。
皆さんの肌や体内がはちみつの様に、潤いますように!

コメント

  1. I ɗo believe аll thee concepts yoᥙ’ѵe presеnted in youг post.
    Theү’re vеry convincing and wiⅼl dеfinitely work.
    Stiⅼl, the posts аre too short fߋr novices.

    Mаy youu pleaѕe prolonng tһеm a bіt from next tіme?
    Thankѕ fߋr thе post.

  2. […] はちみつで体調を悪い状態から良い状態へ治すことができます。普通のはちみつでは良くならないので、詳しくは以下の記事をごらんください。https://gnumegane.com/panacea-honey […]

タイトルとURLをコピーしました